2010年11月17日

コラーゲンサプリメントの使い方

コラーゲンサプリメントの使い方についてです。コラーゲンは食品からも摂取できますが、効率的に取り入れるにはサプリメントの使用がおすすめです。コラーゲンサプリメントを効果的に活用するには、どうすれば良いのでしょうか。

コラーゲンとは毎日体内で分解されている成分であり、同時に毎日体内で生成されています。1日に入れ替わるコラーゲン量は5g程度とされており、たくさん一気に摂取しても効果的とはいえません。

毎日少しずつ、コラーゲンサプリメントを使う時は摂取することをおすすめします。悪影響が出ることは、たくさん摂りすぎたからといってありませんが、たんぱく質を糖尿病な人や腎臓を悪くしている人はたくさん摂取できないので、主治医との相談するようにしなければなりません。

コラーゲンは、ビタミンCや鉄分と一緒に摂取すると体内での合成が促進される性質があります。おすすめなのは、コラーゲンサプリメント摂取をビタミンCとの併用で行うことです。コラーゲンと同時にヒアルロン酸を飲むことで、美肌効果がさらにアップするそうです。

コラーゲンサプリメントは毎日継続して摂取してこそ効果が期待できるものですので、長続きさせることを前提に考えたいものです。粉末や錠剤、ドリンクなど様々な形状のコラーゲンサプリメントがありますが、自分が使いやすいものを選んでください。  


Posted by しゅー at 09:43Comments(0)コラーゲン

2010年11月16日

コラーゲンサプリメントの原材料

大きく分けて海洋性コラーゲンと動物性コラーゲンが、コラーゲンサプリメントに用いられるコラーゲンにはあるそうです。

高い価格の素材を使っているものほど、サプリメント自体の価格も上がっていきます。購入時には、どんな原材料が使われているかによって安全性や吸収率に差が出ますので、しっかり見ておきましょう。コラーゲンで良質なものを得るには、おおまかにでも良いので使われているコラーゲンの種類を知っておきましょう。体への吸収効率は、海洋性コラーゲンの方が、動物性コラーゲンより良いといわれています。海洋性コラーゲンの中には、本来は廃棄されなければいけないような魚の鱗を素材にしている場合もありますので要注意です。

多くは海洋性コラーゲンが使われているのが、最近のコラーゲンサプリメントの特徴です。価格には、天然魚皮のコラーゲンか養殖魚のコラーゲンかで違ってくるでしょう。実際にコラーゲンサプリメントの原材料を確認したい場合に重要なのは、トレーサビリティが可能かどうかということです。魚ならば摂れた海や魚の種類、部位か調べればわかるようになっているかどうかというのが、トレーサビリティです。

安心してサプリメントを使うコツといえるのは、原材料のトレーサビリティ表示が明確なサプリメントを選ぶことではないでしょうか。納得のいくコラーゲンサプリメント選びができてこそ、安心して長く使うことができるのです。
  


Posted by しゅー at 01:06Comments(0)コラーゲン

2010年11月16日

コラーゲンとは

コラーゲンサプリメントを利用している人が増えています。
化粧品やドリンク剤などにも、サプリメントだけに限らず活用されているコラーゲンとは、どのようなものなのでしょうか。コラーゲンとは、人体に含まれるたんぱく質の3分の1を占める成分です。筋肉や内臓、髪、骨など色々な部位に存在しています。

細胞と細胞をつなげて体を構成しているコラーゲンは、体内の水分を保持し、老廃物の排出や栄養供給を助ける働きがあります。骨や血管が、コラーゲンが体内で不足するともろくなってしまったり、お肌がシミやしわの目立つカサカサも肌の潤いが失われることによって変化してしまいます。人の体は生まれたばかりの頃は多くのコラーゲンがあります。年齢を重ねるとともにコラーゲンは失われて、25歳を過ぎると急激に少なくなってしまいます。

髪が細くなったり肌が乾燥しシワが年を取ると増えるのは、コラーゲンが減少することによるものです。コラーゲンは、ふかひれや牛すじ、鶏の手羽先などに存在していますが、毎日これらを摂ることは難しいですし、カロリーオーバーになってしまいます。コラーゲンは、食物よりもサプリメントで摂取するほうが良いのではないでしょうか。

手軽に摂取できるサプリメントなら、毎日コラーゲンを補うことができ、カロリーを余分に摂ってしまうことも無いといえるでしょう。うまく健康や美容に、コラーゲンサプリメントを活用できると良いですね。  


Posted by しゅー at 01:00Comments(0)コラーゲン