2010年10月23日

フォトフェイシャルとしみ改善の内容

フォトフェイシャルとは近年新しい美容施術で、肌のコラーゲンで作り出されるコラーゲンを増やす効果があると言われています。
新しい美容技術によって産み出されたフェイシャルケアがフォトフェイシャルとなります。

年齢による肌の影響をくい止める効果がフォトフェイシャルにはあるといいます。肌のハリと潤いが蘇り、しみやたるみが改善され、若い頃の皮膚に近くなったと感じる人がフォトフェイシャルを受けた人には多いようです。現在フォトフェイシャルは、医療クリニック等で行われています。

通常は数回の施術で、しみ等の肌トラブルの改善が期待できるとされています。美容施術に光を用いる時は、レーザーの光であるという印象を抱く人は少なくないようです。
レーザーは1種類の波長の光ですが、フォトフェイシャルの光とはそれとは違うものです。

色々な波長の光を顔全体に照射する為に、皮膚の繊維細胞を活性化しコラーゲンを増加することでしみ改善や様々な肌のトラブルの改善が期待できるのです。肌に優しい光を使うことがフォトフェイシャルの利点です。そのため、フォトフェイシャル後の肌を休ませる時間が必要とされていません。

施術後のメイクも構わずできるのも嬉しい点です。肌質によっては、フォトフェイシャルの光に過敏に反応しすぎた肌にしみができてしまい、施術後も黒点状に肌に残ってしまったという例がありますので気をつける必要があります。
事前のカウンセリングで不明点や不安点をはっきりとさせておくことが、しみ除去のためのフォトフェイシャルでは必要です。  


Posted by しゅー at 13:01Comments(0)フォトフェイシャル

2010年10月23日

フォトフェイシャルとしみ対策

エステで人気のフォトフェイシャルは、お肌の老化作用の防止のためアメリカで1988年に産み出されました。フォトフェイシャルは、しみやしわ等、女性の肌の悩みを解決するとされています。

キセノンランプから作られる光がフォトフェイシャルの光で、色々な波長の光が入り交じったものであり、肌にあてることで代謝を促進し老化をくい止めると言われています。フォトフェイシャルによって皮膚の繊維芽細胞の働きが活発になり、美肌に必要なコラーゲンの体内量が増加します。

オキシヘモグロビンやメラニンに反応するのもフォトフェイシャルの特性で、これらの成分にあたると熱を発生し選択式にダメージを与えます。不要な毛細血管や色素沈着の解消効果があると言われています。

フォトフェイシャルは肌内部から働きかけ、くすみやしわ、そばかすの改善効果を肌の奧からもたらし、なめらかで色むらのない肌を作り出します。美容クリニックや医療クリニックなど、医療施設として機能しているところでフォトフェイシャルは行われているようです。

何度かフォトフェイシャルを行うことで、徐々に肌のしみやくすみは目立たなくなっていくといいます。リフトアップはしみやにきびの改善だけでなく、肌をキュッと引き締めて輪郭をシャープにする効果があると言われ、顔や首など広い範囲に施されます。

フォトフェイシャルを受ける時は、紫外線の影響で肌が黒くなっている人や日焼けに敏感な肌の人はしみが増加するリスクがあります。フォトフェイシャルの目的がしみの解消である場合は特に念入りにカウンセリングを受け、施術内容を確認しましょう。  


Posted by しゅー at 01:53Comments(0)フォトフェイシャル

2010年10月22日

エステで行われるフォトフェイシャル

フォトフェイシャルというコースがエステの美肌治療に人気のようです。その時点での肌の症状を調べた上でカウンセリングを受け、フォトフェイシャルを行います。

エステの施術は個々人の肌の状態を見極めてから行います。フォトフェイシャルでは、肌の代謝を促進して老廃物の排出や栄養供給を助けます。ストレスを取り除く事で肌力の低下を防ぎつつ、肌細胞に栄養を運ぶ血液の流れをスムーズにします。

たっぷり汗をかく事でむくみも取れるので、肌はふっくらしながらも引き締まったラインになります。肌の状態が良くなったら、フォトフェイシャルをします。特殊な光が真皮部分に迄浸透し、コラーゲン・エラスチン・酸性ムコ多糖類等、若々しく張りのある肌を保つ為に必要な美肌成分を生成する線維芽細胞に働きかけます。

血流が良くなった状態で線維芽細胞に働きかけるので、肌がぐんぐん元気を取り戻します。皮膚のメラニンや毛細血管など、にきびを作り出す部位にフォトフェイシャルの光をあてることで、その部分を熱で除去する効果が期待できます。

にきびやメラニンにだけフォトフェイシャルの光は影響を及ぼすので、それ以外の部分への負荷を心配することはありません。顔の皮膚全体について治療を行うのが基本です。

個別のにきびに対して対処するのではなく、皮膚の広範囲にわたってフォトフェイシャルの光をあてることで肌の代謝を促進し肌トラブルの解消や美肌効果を期待できるといわれる方法といえます。  


Posted by しゅー at 11:23Comments(0)フォトフェイシャル

2010年10月22日

フォトフェイシャルで美肌治療

フォトフェイシャルとはどういった美容施術なのでしょう。フォトフェイシャルとは、肌への刺激が少ないIPLという光を使います。
フォトフェイシャルの光は、レーザー光でなくIPLというフラッシュライトです。色々な波長を持つ光を一定周期で照射するのがIPLです。
医療機関やエステでフォトフェイシャルを受けることができます。その日のうちにメイクもできるという手軽さが評判を呼んでいます。

フォトフェイシャルでのにきびケアコースが評価されているエステも存在します。エステには、お試し体験コースを利用出来るところが多く、費用は1000~3000円位なので初めての方は試してみるのも良い方法かもしれません。

1回のエステでにきびが無くなるわけではありませんが、肌に潤いや栄養を与えてくれます。フォトフェイシャルで肌本来の質感を取り戻す事が出来ます。

にきび自体の膨らみは消える事は無くても、潤いを取り戻した自分の肌に驚くことは間違いないでしょう。エステでのフォトフェイシャルと、皮膚科でのにきび治療を並行して行って美肌効果を得ている人もいます。
にきびとは一度なったら絶対になくならないというものではありません。フォトフェイシャルのカウンセリングなどで症状を確認することで、美肌を目指すいい方法が見つかることもあります。  


Posted by しゅー at 10:14Comments(0)フォトフェイシャル

2010年10月09日

しわやたるみを予防する方法

しわやたるみは、発生前に防ぐ方が、発生後の対策より楽です。たるみやしわが目立つようになるとリカバリーは一苦労です。むしろ、できる前からの心がけでしわやたるみのない肌を維持する方が簡単です。

肌の加齢の影響ともされるしわやたるみですが、アンチエイジングによってある程度は予防ができます。質のいい睡眠を取り、規則正しい生活リズムで日々を過ごすようにします。女性ホルモンの活動を盛んにするため漢方や食事改善を実践することで、肌のコンディションを改善することが可能です。乾燥肌がしわやたるみを引き起こしやすいとも言われていますので、保湿力を高めることでしわやたるみ予防をしましょう。

しわやたるみを解消するために、肌の保湿効果のあるスキンケア用品や化粧品も販売されています。廉価なものではないですが、使う意味はあります。コラーゲンを摂取するためサプリメントを使ったり、食事を改善するという方法もあります。コラーゲンが体内に多い若い頃は、皮膚のしわやたみるみもあまり目立ちません。

肌の健全なターンオーバーを促進するためにも洗顔はおろそかにはできませんが、かといってしつこく洗いすぎると肌に悪影響を及ぼします。洗顔料は入念に泡立て、顔を泡で包み込むように優しく洗い、すすぎ残しがないよう念入りに水で流します。仕上げの保湿ケアも欠かせません。肌質に合わせて選んだ化粧水を肌にふんだんに施し、肌の水分を補充することでしわやたるみの予防が可能です。  


Posted by しゅー at 19:03Comments(0)しわやたるみ

2010年10月09日

しわやたるみを取る方法

しわやたるみが顔にできてしまうことがあります。しわやたるみは年を取って見える原因になりますので、できれば目立たなくしたいという人は多いようです。

肌に水分を与え、みずみずしさを取り戻すような化粧品も色々開発されてはいますが、しわを完璧になくせる化粧品はないようです。どうしてもしわやたるみを取りたいのであれば、美容整形で施術してもらうしかありません。たるみやしわを取るために美容外科で行うこととしては、気になる部分にコラーゲンやヒアルロン酸、ボトックスを注射します。これらの手術では肌にメスを入れず、短時間で気軽にできることからプチ整形といいます。

人の体には、初めからコラーゲンやヒアルロン酸が存在しています。その成分を皮膚の下に注入することで肌をふっくらさせ、たるみやしわのない状態にするのです。ボトックスは、ボツリヌス菌由来の成分で、皮膚を硬直、麻痺させてしわやたるみを取る方法です。これらの美容施術は永続的な効果はないので、数ヶ月~半年程度で元の状態に戻ってしまいます。

フォトフェイシャルは、この頃関心を集めるようになって美容整形です。特殊な光を肌に当て、しわやしみ、たるみなどを改善するものです。従来のレーザーとは違って、肌に負担が少ないようです。比較的安全に使え、肌全般にかかわるしわやたるみなどの老化現象を改善させる効果があります。  


Posted by しゅー at 18:08Comments(0)しわやたるみ

2010年10月09日

しわやたるみが出来る理由

どんな人でも、年を取ればしわやたるみとは無縁ではいられません。肌の老化はどんな人にでも等しく出てくる、当たり前のことともいえるでしょう。肌にはターンオーバーと呼ばれる、古い皮膚は体から取れ新しく作られるというサイクルがあります。

正常にターンオーバーが行われているうちは、肌の古い角質が定期的に落ちます。常に肌は活性化され、しわやたるみはできません。しかし、加齢と共にターンオーバーの周期は少しずつ長引いていき、古い角質層が残りやすくなります。古くなった皮膚が肌に留まり、新しい皮膚がなかなか作られなくなるとしわやたるみが増加します。また、加齢はコラーゲンの生成力も弱くします。皮膚内のコラーゲン量が少なくなると肌はみずみずしさや弾力性を損なうため、しわやたるみが戻りにくくなります。

弾力性の低下した肌は重力に引かれてたるみを助長します。いずれも体内の老化現象によっておこるものなので、仕方の無いことなのかもしれません。しわやたるみは、乱れた食生活やストレス続きの生活、喫煙や飲酒の習慣などにも変わっています。肌に悪影響を及ぼすものに太陽光があります。若い頃は良くても、後々にツケが回ってくるようです。

しわやたるみができてしまった肌を若い頃に戻そうとしても、かなり困難です。加齢による肌の影響を少しでも遅らせるため、早い段階からしわやたるみの対策を重ねていきましょう。  


Posted by しゅー at 14:17Comments(0)しわやたるみ

2010年10月05日

ヒアルロン酸とコラーゲンを含む食べ物

ヒアルロン酸やコラーゲンはサプリメントから補っているという方もいるようです。けれども、自然界に存在する食材からでも補給可能です。体への吸収効率という点から考えると、扱いが便利なサプリメントよりは、食べ物をから得た方がいいと言われています。コラーゲンとヒアルロン酸を共に摂取できる食材には、豚の耳や豚足、軟骨、鶏皮といった食べ物があります。鶏の皮は、脂っぽくていやと言う人も多いと思います。

カリカリになるまで炒めたり、細かく砕いてふりかけのようにご飯にふっても美味しく食べれます。
いかにも足を食べている感じがして豚足が好きではないという人もいますが、スープなどに加工することで食べやすくなります。スープを作ればヒアルロン酸やコラーゲン成分はそこに移動しますので、スープを飲めば必要な成分を取り入れることができます。豚の耳は沖縄では日頃から食べている食材のようですが、それ以外の場所では見たことがない人も多いでしょう。コラーゲンやヒアルロン酸の含有量が多い食材が、豚の耳の部分です。

豚耳は、ベーコンのようにカリカリに炒めたりして、サラダのトッピングや、中華風の炒め物などに使うと美味しく食べられます。食材からヒアルロン酸やコラーゲンを摂取することは、決して不可能なことではありません。コラーゲンやヒアルロン酸の摂取を、サプリメントではなく食事からというのもいいでしょう。  


2010年10月05日

ヒアルロン酸とコラーゲンの関係

人の体は、ヒアルロン酸とコラーゲンが足りないと様々な不都合が出てきてしまいます。
ヒアルロン酸とコラーゲンは互いにどんな作用をもたらしているのでしょう。コラーゲンとヒアルロン酸は互いに似通ってはいますが、互いに代替はききません。ヒアルロン酸を摂取する場合、一定量のコラーゲンが既に存在していなくては効果は半減です。

コラーゲンが不足している場合は、いくら良質のヒアルロン酸を飲んでも肌に保っている事ができません。皮膚の張りや潤いはほとんど変化がないでしょう。肌のみずみずしさや潤いを守るのはコラーゲンの役目ですが、その役目もヒアルロン酸による保湿力アップがあってこそのものなのです。肌に潤いがない、しわやシミが増えたと言う場合は、ヒアルロン酸だけを飲んでも、あまり意味はありません。

コラーゲンも取り入れなければ片手落ちというものでしょう。美容にいいというサプリメントの多くは、ドリンクタイプや粉末タイプなどでコラーゲンとヒアルロン酸を一緒に摂取できるようになっています。
プチ整形として知られるしわ治療に、ヒアルロン酸やコラーゲンの注射というものがあります。ハリを失いたるみが目立つ皮膚にヒアルロン酸やコラーゲンを注射することで、皮膚を下から持ち上げてしわを消すという方法です。  


2010年10月05日

ヒアルロン酸とコラーゲン

美容成分として知名度の高いコラーゲンやヒアルロン酸は、関節痛や乾燥肌にいいとされています。コラーゲンやヒアルロン酸を摂取すると、どんな影響があるのでしょう。ヒアルロン酸は、皮膚や関節、目など体のいろんな部分にあるゼリー状の物質です。非常に柔らかく、保水力が強いのが特徴です。関節にいるヒアルロン酸は潤滑油として機能していますし、皮膚のみずみずしさを維持します。

ヒアルロン酸は、生まれた時が一番多く後はだんだん減り続けていきます。年を取ると皮膚がカサカサになり、弾力がなくなってたるみやしわが増えるのは、加齢によってヒアルロン酸が減っているためです。コラーゲンはたんぱく質の一種で、体内のたんぱく質の約3割を占めています。真皮や軟骨、靱帯、骨に多く存在している成分です。コラーゲンは繊維状の硬たんぱく質で、弾力と強度があります。体内の細胞をつなぎ止める働きがあり、細胞や各臓器に存在しています。

コラーゲンも、ヒアルロン酸同様、加齢によってどんどん減少していってしまうものです。それだけでなく、体内に存在するコラーゲンも年と共に劣化してしまうといいます。時間の経ったコラーゲンがなくならないと新たなコラーゲンはできてきませんので、肌は弾力性を失って代謝も悪くなってしまいます。ヒアルロン酸とコラーゲンと言うのは、肌や関節、靭帯などにとても重要な成分なのです。