2010年11月27日

下半身痩せには運動とサプリメント

サプリメントには、下半身痩せを目的として使うものがあります。運動不足によって体の基礎代謝率が下がると脂肪などが蓄積されやすくなってしまうようです。基礎代謝が十分に行われなくなると下半身痩せが難しいと考えらてます。

サプリメントの中には、脂肪燃焼を促進するL-カルニチンやビタミンCが配合されたものがあります。筋肉トレーニングを実施しながら、一緒に摂ると効果的なプロテイン等のサプリメントを使用し筋肉量を増やしましょう。

代謝率が上がり軽い運動でも充分に下半身痩せ効果が期待できるでしょう。下半身痩せに自宅で取り組みたいという場合は、リンパマッサージやストレッチ運動、筋肉トレーニングを毎日家で行うようにするといいでしょう。浴室でリラックスしながら行えるリンパマッサージやはむくみを取り下半身痩せ効果があります。入浴後のストレッチや一日数分で行えるウエストなどの下半身痩せ効果のある骨盤運動などがサプリメントと共にお勧めです。

何をすればマッサージやストレッチができるわからない人は、書店に並ぶ本などをチェックしてみてください。ビタミンやミネラルは体に欠かせない栄養素ですから、食事メニューを改善し体に必要な栄養はきちんと摂取することも健康な下半身痩せには欠かせません。

欠乏分はサプリメントが活躍します。効果的な下半身痩せは、毎日の入浴時にストレッチやマッサージを継続して行ことが重要です。サプリメント等を上手く利用し基礎代謝率を上げることで最も早く実現できると言えるのではないでしょうか。

新陳代謝を活性化して無理なくダイエット  


Posted by しゅー at 09:20Comments(0)サプリメント

2010年11月26日

代謝を上げるサプリメントと下半身痩せ

サプリメントで下半身痩せに取り組む人がいます。基礎代謝を高めて脂肪の代謝しやすい体を作ることが、下半身痩せには効果があると言われています。
下半身痩せがしやすい体を作るには、下半身痩せで脂肪燃焼のしやすい体質を作るということも重要ポイントです。

ダイエットや美容、健康など、色々な効果のサプリメントが開発されています。ダイエットサプリメントに限定しても種類も効果も色々です。運動によるダイエット効果を向上させる商品や、代謝を高めて体脂肪の燃焼しやすい体を作る商品なども人気があります。

運動やマッサージの効果がなかなか現れない人には、便秘や冷えが要因となって代謝が滞りがちだという方がいます。基礎代謝が低いと汗があまり出ず、体の中の老廃物が上手く排出されず下半身痩せ効果が出ないケースが多いようです。体を冷やさず、水分補充を怠らないこともダイエットに効果的です。

下半身痩せダイエットを順調に進めためには、代謝の働きをスムーズにするためサプリメントで汗をかきやすくすることも大事です。むくみやすい人は下半身痩せのためにむくみ対策をする必要があります。特にデスクワークや立ち仕事など、1つの姿勢でいつづける仕事をしている人は要注意です。

毎日半身浴などゆっくりぬるめのお湯に浸かり、気になる部分のリンパマッサージを行うことで下半身痩せ効果が期待出来ます。また、毎日の取り組みが下半身痩せには効果的です。脂肪燃焼に効果的なサプリメントを出かける時に摂取するなどして、下半身痩せ効果を少しでも高めてください。  


Posted by しゅー at 15:38Comments(0)サプリメント

2010年11月25日

ビタミンB群のサプリメントでエイジングケア

アンチエイジングサプリメントや、化粧品でのスキンケアに熱心な人は多いようです。コラーゲンやヒアルロン酸は肌の保湿にいいと言われていますが、コラーゲンの生成にはビタミンCが必要となりますので、ビタミンCを不足させないことも重要です。体内の抗老化力を高めるにはビタミンCの摂取が重視されますが、ビタミンCの摂取だけでなくエイジングケアにいいサプリメントはたくさんあります。疲労を感じている時は、肌トラブルが起きやすいことは経験がある人が多いでしょう。

このような問題を解決するには、ビタミンB群がぴったりです。
体内でビタミンB群が足りないと様々な影響が出ます。肌トラブルを起こさないためには、ビタミンB群の不足をサプリメントなどで補い、代謝をアップさせることです。

ビタミンB群のなかでも、ビタミンB2が不足してしまうと、肌がべたついたりアダルトニキビ・毛穴の開き・黒ずみなど様々な肌荒れが起きます。ビタミンB2が不足することで脂肪をエネルギーに換える経路がスムーズに働かなくなり、血中の脂肪が皮脂として出てくるからです。

ビタミンB2が足りないと、皮脂分泌のサイクルが狂うだけではありません。肌のターンオーバーがいびつになり、成長しきっていない細胞が表面に出てきてしまうのです。ビオチンやビタミンB6が足りない時は、皮膚トラブルを引き起こしやすいようです。

ビオチンやビタミンB6が足りないと、肌のみずみずしさや潤いをキープするためになくてはならないヒアルロン酸やコラーゲンが生成されづらくなり、肌の防衛機能が低下してしまうといいます。エイジングケアを目的としてサプリメントを選ぶ時は、ヒアルロン酸やコラーゲンの他にも、ビタミンB群など欠かせない成分があることも覚えておきたいものです。  


Posted by しゅー at 11:31Comments(0)サプリメント

2010年11月24日

エイジングケアに効果的なビタミンCサプリメント

エイジングケアを気にかける人が増加しているようです。サプリメントでアンチエイジング効果を期待する人は少なくありませんが、加齢の影響というと肌に目がいきがちです。

肌の保湿にはコラーゲンやヒアルロン酸配合のスキンケア用品やサプリメントがエイジングケアでは人気ですが、老化による体の影響を軽減するには、これらの栄養成分だけでは足りない部分があります。皮膚の手入れだけで老化の問題は改善するものではありません。例えばビタミンCの摂取などで、体を内部から見つめ直すことが大事です。

ビタミンCは女性にとって不足しやすいビタミンです。ビタミンCは水溶性ビタミンであるため、体の中に長い時間貯蔵する事が出来ないためです。ビタミンCサプリメントは、エイジングケアのために使うサプリメントの中でも一般的なもので、常に取り入れたいものです。ビタミンCには具体的にどのような働きがあるのでしょうか。

ビタミンCの働きとして抗ストレス作用というものがあります。通常、ストレスのかかった体は血糖値や血圧に変化が生じます。この変化をコントロールするために分泌されるのが副腎皮質で作られる抗ストレスホルモンで、体をストレスから守ろうとします。

ストレス反応の主役である抗ストレスホルモンの体内生成にビタミンCが欠かせません。強いストレスは体内にあるビタミンCを多量に消費します。ビタミンCは脳や心臓など命に関わる臓器で優先的に使われるため、なかなかお肌にまで行き渡らなくなってしまいます。

ストレスが原因で、体内で多量の活性酸素が発生します。血液中のメラニン刺激ホルモンも多量に発生し、メラノサイトを活性化させ、お肌にシミが出来やすくなります。肌を守るには、ストレス対策が欠かせないのです。肌年齢の増加は、皮膚の中でコラーゲンがうまく作れないこととも関わりがあります。サプリメントなどでビタミンCを確実に補うことで、エイジングケアへの効果を期待することができます。  


Posted by しゅー at 13:52Comments(0)サプリメント

2010年11月23日

サプリメントでエイジングケア

エイジングケアが気になりだしたら、サプリメントが効果的です。目に見えて年齢の影響が出てこないうちはエイジングケアをする必要性はないのではないかという方も少なくないようです。

ですが、加齢の影響はある日を境に発生するものではありません。年齢による影響とは、昨日今日でできるものではなく、これまでの歳月の蓄積で気づくと積もり積もっているものです。
そのため、日頃からの心がけがとても大事になります。エイジングケアのサプリメントはそういう時に役立ちます。多くの人が、年齢による肌への影響の対処を外からのスキンケアに頼りがちです。

エイジングケアに効果的なサプリメントで見えない内部からすることも必要です。若々しい肌を維持するには、若い体をキープすることができていれば大幅に手を加えることはありません。老化を促進する活性酸素を取り除き、若い頃の張りのある肌を維持するには、代謝の低下をくいとめる必要があります。

代謝の衰えた体では、コラーゲンやヒアルロン酸など肌の調子を良くする成分を摂取したり肌に塗ったりしても、アンチエイジング作用は期待できません。効率的なエイジングケアのためにも、コラーゲンやヒアルロン酸配合の化粧品で肌を外側からケアしつつ、サプリメントで内側からもエイジングケアを早い段階からしておくことです。
美肌を保つためにも、エイジングケアに必要なサプリメントを上手に活用しましょう。  


Posted by しゅー at 15:07Comments(0)サプリメント

2010年11月22日

サプリメントにおける栄養過剰の影響

1つの栄養素を摂りすぎないことが、サプリメントでは重要です。
サプリメントは食品に分類される商品ですので副作用のリスクはごく小さいものですが、栄養素の含有の度合いは様々です。
誰でも気軽に摂取できるサプリメントはつい過剰になりやすく、体に悪影響が出る懸念があるようです。

ビタミンAサプリメントは、幾つかある栄養素の中でも注意が必要なものです。ビタミンAはほうれん草やかぼちゃなどの緑黄色野菜や、うなぎなどに豊富に含まれていて、粘膜の保護などに役立ちます。意外とその栄養素は食事から摂取しやすいものです。

ビタミンAは水に溶けない栄養素であり、たくさん摂取しすぎると体内に残ってしまいがちですので、過剰摂取は様々な弊害を引き起こします。ビタミンAサプリメントをたくさん摂取しすぎたために、肝臓に問題が生じたという例もあります。

妊娠中の方は特に注意が必要で、栄養だからと過剰にビタミンAサプリメントをを摂ると、胎児に悪影響を与える可能性がありとても危険です。子供は体が小さいので、サプリメントを飲み過ぎる危険性があります。サプリメントなしで、食事で栄養を補うように注意しましょう。

栄養は過剰摂取で悪影響が出ることもありますので、不足分の補充には充分気を配りましょう。サプリメントは気軽に摂取できる分、補充すべき時に補充すべき量だけを摂取するようにしてください。サプリメントからの栄養摂取で問題が起きないよう、体に何らかのトラブルがあったら使うのをやめて、医者にかかるなり専門家の話を確認するなどしてみてください。  


Posted by しゅー at 15:26Comments(0)サプリメント

2010年11月20日

サプリメントで補いたい栄養素

サプリメントから補充したい栄養には何があるでしょう。今の日本人にとって、食事からだけで体が求める栄養素を補充するのは困難です。サプリメントは食事の補助として活用できます。

食事だけでは足りない分をサプリメントで補いましょう。食事のサポートとしてサプリメントを使うことで、健康的な体質管理が可能です。サプリメントで補充すべき栄養素は色々とありますが、ビタミンCは多くの人が必要としているものです。ビタミンCは主に野菜や果物に含まれている栄養素で、外食が多い人は不足しがちです。

サプリメントの中でもビタミンCを主成分にしたものは多く、価格帯も手頃なものが大半です。ビタミンCは水溶性で、過剰にとっても体内に吸収されず排泄されるため、飲みすぎても副作用の心配がなく安全です。体内の免疫機能を高めたり、粘膜を強くする働きがビタミンCには期待できます。

和食が主体だった頃は魚からカルシウムを摂取していましたが、近年魚を食べる頻度が減ってきたことにより、そうでなくても吸収されづらいカルシウムの不足が問題視されています。骨を作るために欠かせないカルシウムは、高齢者の骨粗しょう症の防止のためにも、サプリメントで補いたいところです。

手軽に扱えるサプリメントは、とても嬉しい存在です。カルシウムが主成分のサプリメントは吸収をよくするため、ビタミンDを一緒に配合していることが多く、より効率的に栄養を摂取することができます。  


Posted by しゅー at 09:49Comments(0)サプリメント

2010年11月19日

サプリメントは栄養補助食品

サプリメントとして売られている商品は劇的に増加し、1人で何種類ものサプリメントを飲む人も増えています。サプリメントは栄養補助食品に分類され、食品として見なされている商品ですが、ドラッグストアで売られていることなどから薬という認識を持つ人が多いようです。

健康食品として販売されているものもサプリメントですので、誰しも1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。サプリメントは種類も効果も色々で、複数の栄養素が1つのサプリメントに含有されているものもあり、何を使えば自分の目的に沿うのかがわからない方もいます。

どんな栄養素をサプリメントで摂りたいかがまず大事です。食品の一種なので、飲み合わせや副作用は少ないようです。そのサプリメントの主となる成分が何かによって、効果は大きく異なります。

外食が多い人は、どうしても野菜が不足がちになりますのでビタミン系を中心にしましょう。コラーゲンやビタミンCを主成分としたサプリメントは、お肌の調子を整えたいという人に向いています。栄養=体にいいと思い、やみくもにサプリメントを摂るのも大きな間違いです。栄養は、バランスが取れてこそ効果を発揮します。とても手軽に栄養が取れるのがサプリメントのいいところです。

サプリメントの成分は、食品という観点から効果のほどか保障されていないというものも少なくありません。食べ物で補いきれない栄養だけをサプリメントでまかなうというスタンスが適切です。  


Posted by しゅー at 15:33Comments(0)サプリメント

2010年11月18日

サプリメントとラベルの注意点

サプリメントを購入する際には、ラベルに記載されている原材料を確認するようにしましょう。確認ポイントとして、サプリメントのラベルでは見るべきところがあります。

サプリメントには賞味期限があり、多くは未開封状態で1年です。ただし、ものによっては2~3年が賞味期限となっているサプリメントもあります。何らかの防腐剤や保存性を高めるための物質が使われているサプリメントの場合、品質保持期限が1年以上であることがあります。

生産管理を目的として、商品にロットナンバーが打刻されているサプリメントもあります。会社によって対応は違いますが、商品の品質をチェックするために役立っています。サプリメントの製造メーカーがサプリメント製品は何月何日に作られたか、機械の場所までもが一目でわかるようになっているものです。

全てのメーカーで実施されているわけではありません。もしも品質チェックに熱心な会社が作ったサプリメントなら、ロット番号が入っている可能性が高いと考えられます。ラベルで確認できることはロット番号だけではありません。製造元の所在地や連絡先が書かれているかどうかで、サプリメントとしてしっかりしているかも推測できます。

現在、数多くの会社から様々なサプリメントが販売されており、ラベルから情報をいかに読み取るかも大事です。サプリメントは口から取り入れるものですから、ラベルを充分吟味して、納得のいくものを探しましょう。  


Posted by しゅー at 19:45Comments(0)サプリメント

2010年11月17日

サプリメントとラベルの読み方

サプリメントのラベルの読み方です。最初に見るべきものは、原材料の欄です。原材料表示欄では、そのサプリメントに何が使われているかを成分量の多い順に記載しています。原材料をチェックする時に確認することは、ショ糖脂肪酸やセルロースが最初にないことです。

ショ糖脂肪酸やセルロースは、成分を混合させたり固形にするために使う添加物です。これらが多いとなれば、主要な成分はほぼ使われていない可能性があります。VA、VB、VCと原材料名にあれば、それはビタミンA、ビタミンB、ビタミンCのことです。合成で作られたビタミンの場合、こういった書き方がされています。

ラベルから成分の天然か合成かを読み取るのは、より良いサプリメントを探すためです。古来から、人は天然に存在するものを摂取して自らの栄養分とし、健康を保っています。体のことを考えると、天然由来の成分をできるだけメインにした方がいいのです。

サプリメントの原材料が天然由来の場合、ラベルには栄養成分よりまずオイルや植物名、食品名など自然界に存在する食材などの名前が書いてあることがあります。ラベルに目を通すだけでもそのサプリメントについてのかなりの情報が入りますので、サプリメントを手に取った時はまず目を通してください。
62
サプリメントとラベルの注意点
サプリメントを購入する際には、ラベルに記載されている原材料を確認するようにしましょう。確認ポイントとして、サプリメントのラベルでは見るべきところがあります。  


Posted by しゅー at 11:36Comments(0)サプリメント

2010年11月17日

サプリメントとラベル

サプリメントとラベルについてです。現在私たちの生活にサプリメントは、なくてはならないもになりつつあるといえます。サプリメントのラベルをどのように見れば良いのでしょうか。サプリメントの中には効果があまり感じられないものや、ひどいものになると飲んでも意味がないものまでいろいろなものが出回っています。

体によく、効果があるサプリメントを探す為にとても大切だといえるのが、サプリメントについているラベルです。サプリメントのラベルの見方を説明する前に、なぜラベルが大切なのかを説明しましょう。

JAS法という法律に基づき、サプリメントの容器もしくは包装に6つの項目、名称、材料名、容量、賞味期限、保存方法、製造業者の名称および住所を明記しなくてはならないということになっているそうです。サプリメントのラベルをみれば、合成か天然なのか、添加物が入っているかなどが大よそわかるのです。だいたいと書いたのは、サプリメントが日本では食品に分類されるので、栄養成分の全てを表示する義務がサプリメントの製造会社にはないのです。

案外サプリメントのラベルをみても、含有栄養素の表示がないものも、材料は書いてあってもたくさんあるようです。サプリメントに義務ではない栄養成分を書いてある場合は、逆に考えれば良心的で自社の製品に自信を持っているということになるのではないでしょうか。効き目の少ないサプリメントを選ばないように、自分自身でもラベルをしっかりと読んで購入しましょう。  


Posted by しゅー at 09:59Comments(0)サプリメント

2010年11月17日

コラーゲンサプリメントの使い方

コラーゲンサプリメントの使い方についてです。コラーゲンは食品からも摂取できますが、効率的に取り入れるにはサプリメントの使用がおすすめです。コラーゲンサプリメントを効果的に活用するには、どうすれば良いのでしょうか。

コラーゲンとは毎日体内で分解されている成分であり、同時に毎日体内で生成されています。1日に入れ替わるコラーゲン量は5g程度とされており、たくさん一気に摂取しても効果的とはいえません。

毎日少しずつ、コラーゲンサプリメントを使う時は摂取することをおすすめします。悪影響が出ることは、たくさん摂りすぎたからといってありませんが、たんぱく質を糖尿病な人や腎臓を悪くしている人はたくさん摂取できないので、主治医との相談するようにしなければなりません。

コラーゲンは、ビタミンCや鉄分と一緒に摂取すると体内での合成が促進される性質があります。おすすめなのは、コラーゲンサプリメント摂取をビタミンCとの併用で行うことです。コラーゲンと同時にヒアルロン酸を飲むことで、美肌効果がさらにアップするそうです。

コラーゲンサプリメントは毎日継続して摂取してこそ効果が期待できるものですので、長続きさせることを前提に考えたいものです。粉末や錠剤、ドリンクなど様々な形状のコラーゲンサプリメントがありますが、自分が使いやすいものを選んでください。  


Posted by しゅー at 09:43Comments(0)コラーゲン

2010年11月16日

コラーゲンサプリメントの原材料

大きく分けて海洋性コラーゲンと動物性コラーゲンが、コラーゲンサプリメントに用いられるコラーゲンにはあるそうです。

高い価格の素材を使っているものほど、サプリメント自体の価格も上がっていきます。購入時には、どんな原材料が使われているかによって安全性や吸収率に差が出ますので、しっかり見ておきましょう。コラーゲンで良質なものを得るには、おおまかにでも良いので使われているコラーゲンの種類を知っておきましょう。体への吸収効率は、海洋性コラーゲンの方が、動物性コラーゲンより良いといわれています。海洋性コラーゲンの中には、本来は廃棄されなければいけないような魚の鱗を素材にしている場合もありますので要注意です。

多くは海洋性コラーゲンが使われているのが、最近のコラーゲンサプリメントの特徴です。価格には、天然魚皮のコラーゲンか養殖魚のコラーゲンかで違ってくるでしょう。実際にコラーゲンサプリメントの原材料を確認したい場合に重要なのは、トレーサビリティが可能かどうかということです。魚ならば摂れた海や魚の種類、部位か調べればわかるようになっているかどうかというのが、トレーサビリティです。

安心してサプリメントを使うコツといえるのは、原材料のトレーサビリティ表示が明確なサプリメントを選ぶことではないでしょうか。納得のいくコラーゲンサプリメント選びができてこそ、安心して長く使うことができるのです。
  


Posted by しゅー at 01:06Comments(0)コラーゲン

2010年11月16日

コラーゲンとは

コラーゲンサプリメントを利用している人が増えています。
化粧品やドリンク剤などにも、サプリメントだけに限らず活用されているコラーゲンとは、どのようなものなのでしょうか。コラーゲンとは、人体に含まれるたんぱく質の3分の1を占める成分です。筋肉や内臓、髪、骨など色々な部位に存在しています。

細胞と細胞をつなげて体を構成しているコラーゲンは、体内の水分を保持し、老廃物の排出や栄養供給を助ける働きがあります。骨や血管が、コラーゲンが体内で不足するともろくなってしまったり、お肌がシミやしわの目立つカサカサも肌の潤いが失われることによって変化してしまいます。人の体は生まれたばかりの頃は多くのコラーゲンがあります。年齢を重ねるとともにコラーゲンは失われて、25歳を過ぎると急激に少なくなってしまいます。

髪が細くなったり肌が乾燥しシワが年を取ると増えるのは、コラーゲンが減少することによるものです。コラーゲンは、ふかひれや牛すじ、鶏の手羽先などに存在していますが、毎日これらを摂ることは難しいですし、カロリーオーバーになってしまいます。コラーゲンは、食物よりもサプリメントで摂取するほうが良いのではないでしょうか。

手軽に摂取できるサプリメントなら、毎日コラーゲンを補うことができ、カロリーを余分に摂ってしまうことも無いといえるでしょう。うまく健康や美容に、コラーゲンサプリメントを活用できると良いですね。  


Posted by しゅー at 01:00Comments(0)コラーゲン