2012年03月21日

小顔ダイエットと骨格

小顔ダイエットと骨格には、どのような関係があるのか。
顔には、その土台となる頭蓋骨やあごの骨などの骨格があります。よくいう小顔、大顔もまずはこの骨格が基本になります。顔を形成する頭蓋骨やあごの骨がもともと大きければ、どうしても顔は人より大きくなってしまいがちです。大きく顔の印象が変わりやすいのは、あごの骨の形です。

つまり、エラの張っているあごの骨が横に広がっているような人は、そうでない人に比べると顔がどうしても大きく見られがちになってしまうでしょう。あごの骨があまり発達していない人は逆に華奢な顔つきに見えるので、小さい顔の印象となるでしょう。小顔になるための方法は大きく分けて2つのダイエット方法があり、最近では小顔ブームもあってさまざまな小顔ダイエットが話題となっているようです。

マッサージなどで顔の筋肉を刺激し、引き締めることで小顔になるダイエット方法が、そのひとつです。小顔ダイエットのもうひとつの方法は、顔の周りのリンパをマッサージすることです。小顔効果を高めるダイエット方法で、リンパマッサージによって血行を促進して、顔のむくみを取ることができます。いずれの方法も顔へのダイエット効果がありますが、顔はほかの体の部分と比較して、ダイエットしにくい傾向があり、やはり限界があります。

顔はもともと脂肪が少ないので、体のダイエットと違ってダイエット効果が出るのは、あごの周りと頬にそのほとんどが限られるといえます。顔が小さくなった印象を顔の表情に違いが出て与えるというものが中心で、劇的に顔のサイズが小さく変わるようなダイエット方法ではないといえます。サイズが大幅に小さくなるような小顔を手に入れたいのであれば、骨格から矯正するのが、小顔のダイエットをするよりも一番現実的というのが事実かも知れません。  


Posted by しゅー at 00:35Comments(0)小顔