2014年10月26日

ドライスキンの傾向と対策

ドライスキンによる掻痒感の原因の大半は、年齢を重ねることに縁る角質層の細胞間脂質と皮脂の縮小や、メイク落としなどの使い過ぎに縁る皮膚の保護機能の衰えによって現れます。
下まぶたに大きなたるみが出現すると、男女を問わずみんな年齢よりも4~5歳上に見られることでしょう。たるみは数あれど、中でも殊更目の下は目立つエリアです。
肌の透明感を作るターンオーバー、要するに肌を入れ替えることができる時間は案外限られており、それは夜間に睡眠を取る時だけだと考えられています。
美容外科(Plastic Surgery)が損壊などのない健康な身体に外科的な侵襲を付け加える美意識重視の医療行為であるとはいえ、やはり安全性の意識があまりにも不十分だったことが一つの大きな元凶だと言われているのだ。
特に22時~深夜2時までの4時間は皮ふのゴールデンタイムと言われており、肌の生まれ変わりがより盛んになります。この夜10時から深夜2時の間に眠ることが何にも勝るスキンケアの手法だということは疑いようのない事実です。

アレッポの石鹸ドライスキン



同じカテゴリー(肌トラブル解消)の記事
 乾燥肌のスキンケア (2014-10-16 01:31)
 頭皮の具合 (2014-10-15 02:10)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。