2010年05月23日

ダイエット停滞期とリバウンド

考え方を変えれば、停滞期とはダイエットが滞りなく進んでいる証拠です。
ダイエットを続けて停滞期をくぐりぬければ、再度体重は下降線を描きますし、一度の停滞期の突破は次回以降の励みになります。逆に、停滞期の真っ最中にダイエットをやめてしまうと、リバウンドが起こりかねません。

ダイエットを急にやめた場合、減っていた体重がぐんぐん元に戻って元以上の体重になってしまうことがリバウンドという現象です。
一次的な減量は達成したものの、あっという間に元に戻ってしまって結局はダイエット失敗となるわけです。停滞期に入った体は、代謝が下がりカロリー消費が少なめです。できるだけ効率よく食べ物からカロリーを取り入れ、その反面必要なカロリーは最低限度で済むようにしているのです。

できるだけカロリーを使わず貯め込もうとしている体に通常通りの食事を補うと、ダイエット以前よりカロリー吸収が多くなってしまいます。そして、リバウンドでの増加エネルギー分は、脂肪として体内に蓄積されます。停滞期に入ると、気持ちも落ち込みがちです。停滞期は食べることでこの辛さから解放されるならという思いから、ダイエットを中断してしまいやすい時期でもあります。停滞期に入ったら気を引き締めて、ダイエット中止からリバウンドという流れに陥らないようにしましょう。



同じカテゴリー(ダイエットの停滞期)の記事
 ダイエット停滞期の対処方法 (2010-05-23 16:32)
 ダイエットの停滞期とは (2010-05-23 16:31)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。