2010年06月21日

白湯ダイエットとは

白湯でのダイエットを知っていますか。深田恭子、江角マキコ、宇多田ヒカル、山本モナといったそうそうたる顔ぶれが白湯ダイエットの経験者です。

ヨガインストラクターの千葉麗子も白湯ダイエット経験者です。白湯ダイエットが多くの人の関心を集めているのは、取り組みやすくで結果がわかりやすいことがあります。白湯ダイエットの方法はとても簡単です。

10分ほどかけてゆっくりと、40~50℃の白湯を200mlほど摂取します。重要な点は、ゆっくりと飲むこと、水温は50℃ほどに保つことです。50℃という温度は、体内の新陳代謝を高める効果がある温度です。白湯で体を温め、血液の循環をよくし脂肪が燃焼することにより新陳代謝を活発化させます。だだし、白湯をがぶがぶ飲まないようにしてください。

飲めるだけ飲んでもダイエット作用が倍加することはありません。それどころか白湯の飲み過ぎでむくみが出る場合もあります。マグカップ一杯をオーバーしないようにしてください。白湯の水は水道水でも特に問題はありません。ミネラルウォーターのウォーターサーバーでお湯の出るタイプのものを利用すると手軽です。

温度管理のできるポットの場合、ミルクやお茶を想定して60度に温度設定ができるものがあります。白湯ダイエットは、ポットなどでお湯が用意できれば方法は簡単なので、続けることが難しくないという利点があります。



同じカテゴリー(白湯ダイエット)の記事
 白湯ダイエットの効果について (2010-06-21 01:15)
 白湯ダイエットの効果をアップさせる方法 (2010-06-21 01:02)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。