2010年09月06日

紫外線対策と食事

地球上に住む私たちにとって太陽はなくてはならないものですが、すべてが良い影響を与えるというわけではありません。太陽光に含まれる紫外線は老化を促進する困った存在ですが、同時に私たちの体になくてはならない存在だといえます。さまざまな紫外線の対策方法はありますが、紫外線に負けない体づくりを食事によってすることも重要です。

紫外線対策効果のある食材を、紫外線のダメージから速やかに回復するため、そして紫外線からの効果を受けにくくなるために摂取しましょう。ビタミンCやビタミンEが紫外線対策としては有名です。活性酸素という紫外線効果で起きるものを抑える働きがあります。ビタミンCは一度にたくさん摂取しても、使い切れなかった分は蓄積されず排出されてしまいます。

一日に何度もこまめに摂り入れましょう。たくさんのビタミンCを含むジュースを朝に飲んだから大丈夫とは決して言えないのです。食材の中でも、ブロッコリーやいちご、キウイフルーツなどはビタミンCをたくさん含んでいるといいます。

紫外線対策に効果的なのがビタミンEで、細胞膜の酸化を防いでくれます。摂取をするときには、ビタミンCと一緒は良いそうです。皮膚の免疫作用を高めるβカロテンが豊富なモロヘイヤやほうれん草、紫外線対策にいいカカオポリフェノールを豊富に含むココアなどもおすすめの食材です。



同じカテゴリー(紫外線対策)の記事
 日焼け止めクリームで紫外線対策 (2010-09-06 16:53)
 紫外線対策グッズ (2010-09-06 16:03)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。