2010年09月07日

混合肌のスキンケア

スキンケアを混合肌の場合にはどのようにしたら良いのでしょう。乾燥肌と脂性肌の特性を同時に併せ持っている肌質が混合肌です。全体としては乾燥肌で、額や鼻の部分だけが脂性肌だという人が多いようです。自分が混合肌だと思っておらず、人によっては乾燥肌のスキンケアや脂性肌のスキンケアだけで過ごしている場合があるそうです。特に混合肌の人は、生理の前後や季節の変わり目は水分と油分のバランスが崩れがちになるといいます。

きちんと状態を見極める必要が、肌の部分ごとにあるようです。洗顔は、テカリが気になる部分と乾燥が気になる部分との区別することが混合肌のスキンケアのポイントではないでしょうか。混合肌用やコンビネーションスキンを使うにが、区別がつきにくい時の化粧品としてはお勧めだといえます。スキンケア用品やメイク用品を使い分けるのは、肌の状態が把握できるようになってきてからで良いでしょう。

洗顔をするときのポイントは混交肌の場合、テカリが気になる部分はやや念入りに、乾燥が目立つ部分はささっと済ませることです。洗顔剤で泡をキメ細かに作って、脂性肌の部分をはじめにつけていきましょう。肌の乾燥度合いとは関係なく、洗顔終了後はたっぷりと保湿ケアを全体に行いましょう。目元や頬などの乾燥が気になる部分に、水分補給後は乳液やクリームなどをつけ油分を補うと、スキンケアに効果的ではないでしょうか。



同じカテゴリー(スキンケア)の記事
 とってもよかよか、よかせっけん (2012-03-19 01:00)
 脂性肌のスキンケア (2010-09-07 13:33)
 乾燥肌のスキンケア (2010-09-07 11:26)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。