2010年11月17日

サプリメントとラベル

サプリメントとラベルについてです。現在私たちの生活にサプリメントは、なくてはならないもになりつつあるといえます。サプリメントのラベルをどのように見れば良いのでしょうか。サプリメントの中には効果があまり感じられないものや、ひどいものになると飲んでも意味がないものまでいろいろなものが出回っています。

体によく、効果があるサプリメントを探す為にとても大切だといえるのが、サプリメントについているラベルです。サプリメントのラベルの見方を説明する前に、なぜラベルが大切なのかを説明しましょう。

JAS法という法律に基づき、サプリメントの容器もしくは包装に6つの項目、名称、材料名、容量、賞味期限、保存方法、製造業者の名称および住所を明記しなくてはならないということになっているそうです。サプリメントのラベルをみれば、合成か天然なのか、添加物が入っているかなどが大よそわかるのです。だいたいと書いたのは、サプリメントが日本では食品に分類されるので、栄養成分の全てを表示する義務がサプリメントの製造会社にはないのです。

案外サプリメントのラベルをみても、含有栄養素の表示がないものも、材料は書いてあってもたくさんあるようです。サプリメントに義務ではない栄養成分を書いてある場合は、逆に考えれば良心的で自社の製品に自信を持っているということになるのではないでしょうか。効き目の少ないサプリメントを選ばないように、自分自身でもラベルをしっかりと読んで購入しましょう。



同じカテゴリー(サプリメント)の記事
 下半身痩せには運動とサプリメント (2010-11-27 09:20)
 代謝を上げるサプリメントと下半身痩せ (2010-11-26 15:38)
 ビタミンB群のサプリメントでエイジングケア (2010-11-25 11:31)
 エイジングケアに効果的なビタミンCサプリメント (2010-11-24 13:52)
 サプリメントでエイジングケア (2010-11-23 15:07)
 サプリメントにおける栄養過剰の影響 (2010-11-22 15:26)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。