2011年03月06日

体脂肪率の基準値

メタボ、メタボと騒がれて、体脂肪率を減らす事に必死になっている人も多くいます。
けれど、体脂肪にもその年代や性別によって基準値と言うものがあって、とにかく少なければいいと言うものではありません。具体的な体脂肪率の基準値としては、

◇30歳未満の男性であれば14~20%

◇30歳以上の男性であれば17~23%

◇30歳未満の女性であれば17~24%

◇30歳以上の女性であれば20~27%

以上が適正範囲となっているので、この値を目安にしておくと良いでしょう。

年齢によって基準値が異なるのは、体脂肪率が年齢を重ねると増加する傾向にあるからです。また、女性には妊娠、出産があるので、体の構造上、男性よりも体脂肪を多く蓄えるようになっています。

その為に、男性よりも女性の方の基準値が高くなっているのです。ちなみに、肥満として判定される体脂肪率の値は、男性であれば25%以上、女性であれば30%以上となっています。

ただし、妊娠中の人の場合は体内の組成が通常の状態とはかなり異なりますので、30%以上であっても特に気にする必要はありません。それよりも、見た目も普通で体重も平均的なのに体脂肪の値だけが高いと言った「隠れ肥満」の方が問題です。

自分は痩せているから肥満なんて関係ない、なんて思っていないで、日頃から体脂肪計にのって体脂肪率のチェックをしておくと良いでしょう。成人病の予防にもなりますよ。



同じカテゴリー(体脂肪)の記事
 体脂肪を減らすための食事 (2011-03-05 10:07)
 体脂肪を減らすための運動 (2011-03-04 18:44)
 脂肪燃焼のメカニズム (2011-03-02 13:04)
 体脂肪と基礎代謝の関係 (2011-03-01 10:17)
 脂肪がつく原因 (2011-02-28 12:27)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。