2012年04月17日

光脱毛のデメリット

光脱毛は痛みが少ない脱毛方法なのですが、デメリットがまったく無いわけではありません。
肌に負担の少ない脱毛に適した波長の光なので、光脱毛に利用されるキセノンランプの光は、脱毛方法としては安全なだといわれているようです。レーザーによる脱毛方法と比べると、光脱毛に使用される光は安全な反面、弱い光となっているようです。肌の質や毛根の状態によっては、あまり脱毛効果が得られない場合も、光脱毛の光は肌に優しいのであるかもしれません。

光脱毛は肌に優しいという点は、最大のメリットではありますが、ごく稀にダメージを受けてしまう場合もあるようです。肌への負担が光脱毛の光は少なく、肌に与えるダメージは他の脱毛方法に比べると受けにくくなっていますが、やけどや水ぶくれが起きてしまう事も、敏感肌やアレルギーなどの肌トラブル等の脱毛以外の理由であるかもしれません。

光を当てる事により、毛根がダメージを受けて毛が再生するのが遅くなり、最終的には毛が生えなくなるという理由で脱毛できるのが、光脱毛というものです。生えている毛に対して効果がある脱毛方法である光脱毛による処理は、毛がない状態の休止期といわれる場合は効果があまり無いといいます。

たとえ近くに生えている毛だとしても、一本一本の毛周期は違っており、成長期、退行期、休止期と毛には毛周期というものがあるといいます。光脱毛は、成長期の時の毛には効果があるようですが、あまり効果が期待できないのは、後退期や休止期にある毛に対してだそうです。

光脱毛によって脱毛処理をする際は、毛周期のばらつきを考慮して1~2ヵ月おきに毛の状態をチェックしながら脱毛をしていく必要があるので時間もかかる傾向があります。光脱毛にはいろいろなメリットがある人気の脱毛方法ですが、デメリットも多少なりともあるので、自分の肌に一番適した脱毛方法を選ぶようにしたいものです。



同じカテゴリー(光脱毛)の記事
 光脱毛のメリット (2012-04-15 12:20)
 脱毛方法 (2012-04-10 11:12)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。