2013年03月18日

ワキガを治療するための手術の方法

脇の下には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺という汗を分泌する汗腺があり、汗の臭いの原因となります。エクリン汗腺とアポクリン汗腺の量で、ワキガの手術の方針は左右されます。汗腺から出る汗のにおいが特に強い場合、いわゆるワキガとなり、気になることがあります。雑菌が脇の下で増えたことで臭いがますます強くなることがあります。わきの下が雑菌のたまり場となるのです。

雑菌は、わき毛が多量に生えているとそこでこもり、汗の成分を栄養にどんどん増殖します。わき毛を剃っておくことで、臭いを減らすことが可能です。

ワキガは遺伝的形質によるため、両親の両方やどちらかがワキガの場合、遺伝によってワキガ体質になることがあります。ワキのにおいを低減させるためのデオドラント商品も数多く販売されていますが、根本的に治療するためには、ワキガの手術をすることで解決します。

アポクリン汗腺を外科的処置で除去することが、ワキガ手術では最も多いやり方です。エクリン汗腺や皮脂腺を同時に取り除くこともありますが、クリニックの判断や症状によって違いがあります。手術の痕跡を消し去ることはできませんが、メスの痕がワキの下のしわに紛れてわずかに残るだけという状態です。

ボトックス注射によってワキガ手術を行うというやり方もあります。ボトックスは多汗症の治療などにも使用される薬液で、注射によって患部に注入するため、メスを使う手術のような痕跡が残りません。

ワキガの症状がそれほどでもない時は、メスは使わず、カニューレという細い管を用いて汗腺を取り除くという方法も使えます。これは大まかな汗腺を吸引して、ワキガを抑えるもので、手術より痕が気にならないというメリットがあります。



同じカテゴリー(ワキガ体質)の記事
 ワキガの手術 (2013-03-12 17:25)
 ワキガ体質と治療 (2013-03-08 16:34)
 ワキガの治療 (2013-03-06 00:25)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。