2011年05月24日

入浴剤で保湿

小売店で、「敏感肌・乾燥性敏感肌向け」と書かれた入浴剤をよく目にしますが、これらの入浴剤には「セラミド」や「うるおい成分」などの保湿成分が配合されているので、敏感肌対策にお勧めです。

保湿タイプの入浴剤を使用すると、全身にうるおい成分を行き渡らせることができるので、敏感肌対策として自宅で手軽に出来るスキンケア方法と言えます。しかし、入浴剤が保湿タイプだからと言って長時間入浴すると、拡がった角層からセラミドなどが流出してしまい、敏感肌対策には逆効果となってしまいます。

急激に体温が上昇することで、かゆみを感じる場合がありますので、湯船につかる時間は5分程度、長くても15分以内が目安とされています。また、お湯の温度が熱過ぎると急速に肌の保湿成分を奪い取られ、よけいに肌が乾燥してしまいますので、38~40度が理想的と言われています。敏感肌対策には、時間だけでなくお風呂の温度も重要なようです。

シャンプーやコンディショナーの洗い残しも、首や背中の肌トラブルに繋がり、敏感肌に刺激を与える原因となります。シャンプーやコンディショナーが体に残らないよう、上から下へ、順に洗うようにするほか、すすぎ方にも気を配って敏感肌対策をしましょう。



同じカテゴリー(敏感肌対策)の記事
 ライスパワー (2011-06-24 00:32)
 リキッドタイプのファンデーション (2011-06-21 21:52)
 弱酸性の洗顔料 (2011-06-20 22:39)
 ジンジャーティー (2011-06-19 23:46)
 頭皮の敏感肌 (2011-06-15 14:32)
 日焼け止め (2011-06-09 00:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。